2013/03/15

Test photo

Test2 -- iPhoneから送信

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Test

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

自分を変えたいときに、まずやるべきこと - My Life in MIT Sloan

リンク: 自分を変えたいときに、まずやるべきこと - My Life in MIT Sloan. 人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。 この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/27

燃料電池車は水で動くのではない

木村剛氏のゴーログで、水道水で車が走る というエントリーがありました。 木村氏が、ただいま満席!日替わり定食Blog燃料電池の記事を真に受けて、水道水で車が走ると思ったようです。 ただしくは、 太陽のエネルギー -[太陽光発電] → 電気エネルギー -[水の電気分解] → 水素(化学エネルギー) → [自動車に補充] → 自動車の動力 で、今回、太陽光発電から水の電気分解、自動車への補充を行うための家庭用ステーション をホンダが開発している というのが、もとの記事の趣旨。 たぶんもとの新聞記事 燃料電池車の水素、家庭で補充 ホンダが次世代型開発 木村氏は、「車以外にインフラの部分もいるでしょうから」と書いているが、記事にあるとおり、これが実用化すれば、社会インフラが整うのを待たなくても済むのである。(というか、このステーションがインフラそのもの) 米国や日本では、ガソリンスタンドのような大...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (1)

404 Blog Not Found:中国のない世界

中国の一国二戸籍制度はなんと不条理なものかと思っていた。でも、中国は、ひとつの国であるという固定観念を外せば、先進国にある移民排斥と何ら変わりがなかったのだ。 404 Blog Not Found:中国のない世界. 中国人には、二種類ある。都市戸籍を持つ人とそうでない人だ。うち先進国の我々と接点があるのは前者だけだ。彼らの資本主義を見て我々は彼らが「同じ人々」だと思い込み、思い込むがゆえに彼らの自由主義の欠如に困惑しているが、そういう我々も途上国の人々を国境で追い払っていることを考えれば、実は同じ事をしているに過ぎない。 中国は日本を抜いて世界第二位の経済大国になった。というのは事実であると同時に錯覚である。何を錯覚しているかというと、中国が一つの国であるということだ。違うのである。中国というのは「世界」なのだ。3億人の「市民」と10億人の「農民」から成る。中国は世界の1/5スケールモデル...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/27

会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1): 岩井 克人: 本

2月22日読了 会社(法人)のモノ性とヒト性があることを説明し、これまでに日本企業が特殊な存在ではなく、法人の一つの形態であることを説明。 「会社は株主だけの存在か」というのは、誤りだとは思うが、「会社は誰の"モノ"」かというと株主のモノでまちがいないと、私はこの本を読んで思いを強くした。 この本の中で非常に興味を引いたのは、234ページの「差異性から利潤を生み出す」という原理が太古の歴史から変わりなく、今後も変わらないということです。 リンク: Amazon.co.jp: 会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1): 岩井 克人: 本. 内容紹介 この危機[注=サブ・プライム・ローンに始まる世界的金融危機]が、まさにアメリカ経済を震源地としたこと、しかもその発端が株主利益の最大化を唯一の行動原理としてきたアメリカの金融市場におけるバブルとその崩壊...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数学ガール/フェルマーの最終定理: 結城 浩: 本

今回は、ピタゴラスの定理・背理法・互いに素などから、フェルマーの最終定理を導く 体・群・環あたりからミルカさんに置いて行かれました。群論の負うようである空間群は得意だったのだが。 Amazon.co.jp: 数学ガール/フェルマーの最終定理: 結城 浩: 本. 内容紹介 「数学史上最大の難問」に挑む待望の第2弾 「僕」たちが追い求めた、整数の《ほんとうの姿》とは? 長い黒髪の天才少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、「僕」が今回も大活躍。新たに女子中学生ユーリが登場し、数学と青春の物語が膨らみます。彼らの淡い恋の行方は? 内容(「BOOK」データベースより) 「僕」たちが追い求めた、整数の“ほんとうの姿”とは?「僕」と三人の少女が織りなす魅惑の数学物語。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグネシウム文明論 (PHP新書): 矢部 孝, 山路 達也: 本

2月26日 読了 大変夢のある話。 太陽光から直接レーザーを発生させ、そのレーザーによりMgO2から金属Mgを精錬する。 金属Mgを使った空気電池で電気自動車が作れることが紹介されている。 Mg粉末をガソリンスタンドで販売することができるのかは、現在の法律でできるのかは???だが、大きな問題ではない。 問題は、レーザー変換の効率が経済的にペイするところまで行くのかどうかというところだろう。 リンク: Amazon.co.jp: マグネシウム文明論 (PHP新書): 矢部 孝, 山路 達也: 本. 内容紹介 石油は、環境問題も起こすし、残っている埋蔵量も少ない。では、次のエネルギー資源は何か? 太陽光発電が注目されているが、太陽電池で日本のエネルギーをまかなおうとすると、国土の60%を覆う必要がある。 気体で、爆発する危険性の高い水素は扱いづらく、水素社会が実現すれば地下が水素貯蔵タンクだら...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス): 美崎 栄一郎: 本

リンク: Amazon.co.jp: 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス): 美崎 栄一郎: 本. 2月13日読了。 他の自己啓発本にも書かれている内容で目新しいところはないので30分ほどで読んだ。 この手の本は、実際に書かれていることを実行に移せるかどうか、自分の問題なんだよな。 メモノート(Rhodia No.11やニーモシネ A7など)を母艦ノートに貼り付けていくことは実践していこうと思う。 ★奥野宣之氏推薦!(『情報は1冊のノートにまとめなさい』) ★藤巻幸夫氏推薦!(株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長)) ●仕事はメモする段階で差がついている! なぜ同じことを経験しているのに、 きちんと身につく人と、そうでない人とで違いが生まれるのでしょうか。 これは頭の良し悪しとも、記録力の良し悪しとも関係がありません。 結果を出せる人と出せない人の違いは、ずばり...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

数学ガール: 結城 浩: 本

リンク: Amazon.co.jp: 数学ガール: 結城 浩: 本 . 2月11日読了 母関数とかフィボナッチ数列とか、高校時代には勉強していなかったことなんだけど、なぜか懐かしい思いに駆られます。 内容紹介 心ときめく数学の世界をあなたに。 『プログラマの数学』の結城浩が贈る、魅惑の数学物語。美少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、それに僕。三人の高校生が数学にチャレンジ。数学を楽しみ、学ぶことについて考え、異性へほのかな思いに心を動かす……。オイラー生誕300年記念出版。 内容(「BOOK」データベースより) 「僕」の心をときめかす、数式と二人の少女。オイラー生誕300年に捧ぐ魅惑の数学物語。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«老朽マンションの奇跡: 井形 慶子: 本