« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック): 遠竹 智寿子 ほか: 本

リンク: Amazon.co.jp: ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック): 遠竹 智寿子, 月刊アスキー編集部, ブザン・ワールドワイド・ジャパン、ブザン教育協会: 本.

1月30日読了

脳を刺激して新しい発想を生み出す話題のノート術"マインドマップ"の本当の描き方、効果が出る使い方をわかりやすく解説した決定版。付属ビデオで発想を生み出すコツが丸わかり! PCソフト「iMindMap」の実践テクニック、体験版も収録!

最近は仕事術・勉強法が大流行。書店に行けば関連書が満ちあふれ、新聞や雑誌に目を通せば特集記事が頻繁に掲載される今日この頃。“現代は答えのない時代”――そう叫ばれて久しい現状を反映するかのような光景がそこかしこで見受けられます。
また実際に、自分の会社やプライベートでも
「時間が足りない、でも膨大な仕事を抱えている……」
「子供たちの限りない創造性を少しでも高めてあげたい……」
といった悩みや課題を抱えている方々は多いのではないでしょうか。
そのような“答えなき時代”でいま、注目を集めているのが「マインドマップ」です。最近の仕事術・勉強法ブームでその名を耳にした方も多いかもしれません。
パッと見た印象は、色とりどりのカラーペンで紙の上に放射状に描かれた「お絵描き」。
しかしこの「お絵描き」には人間の脳を刺激する根源的な“楽しさ”と、人間の発想を引き出すための“ちょっとしたルール”があり、それを踏まえたうえで描き出すと、あれよあれよと言う間に驚くほどの言葉が出てきます。いま、自分は何を考えているのか。抱えている悩みや疑問に対して、どのような解決策が考え得るか――刻一刻うごめく自分の思考を紙の上に“見える化”し、さらにその思考を展開して、“答えがない”物事の「解」を導けるのです。
小学生にマインドマップを教えたところ、普段は落ち着きのない、騒ぎがちな生徒たちがたちまち集中して取り組み、画一的な企画案しか出なかった組織で研修を行ったところ、従来にないアイデアが活発に飛び出すなど、その驚くべき効果はそこかしこで報告されています。
本書「ペンとノートで発想を広げる"お絵描き"ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本」はそのようなマインドマップを簡単に、しかもすぐに使いこなせるためのコツをわかりやすく解説した本です。
「本当に使いこなせる」以下の7つの「スゴイ!」が詰まった本書。マインドマップをすでに使い始めている方、関心がある方に限らず、仕事の悩みを解決したい、日常生活をより豊かにしたいと思っている方々すべてにお勧めできる“決定版”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/28

江戸時代のロビンソン―七つの漂流譚 (新潮文庫): 岩尾 龍太郎: 本

江戸時代のロビンソン―七つの漂流譚 (新潮文庫): 岩尾 龍太郎: 本
.
1月27日 読了

島国だけど海洋国家ではなかった江戸時代、海難事故で漂流した船乗りたちの物語。
ジョン万次郎や大黒屋光太夫以外にも多くの船乗りたちが、漂流しサバイバルしたことがわかる。



内容(「BOOK」データベースより)

大黒屋光太夫、土佐の長平、尾張の重吉―鎖国下の江戸時代に不慮の海難事故に遭って漂流しながら、旺盛な生命力で、奇跡の生還を果たした船乗りたちがいる。『ロビンソン・クルーソー』研究で知られる著者が、彼らの肉声をもとにした詳細な記録を読み解き、それら漂流譚から七人を選んで、江戸時代の漂流者たちの壮絶なサバイバル物語と異文化体験を紹介する。付・江戸時代漂流年表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

Amazon.co.jp: 法廷会計学vs粉飾決算: 細野 祐二: 本

リンク: Amazon.co.jp: 法廷会計学vs粉飾決算: 細野 祐二: 本.
1月20日読了

内容紹介 「公認会計士vs特捜検察」の著者の第二弾。

日興コーディアルグループ、日本航空、NOVAの決算数字を俎上に乗せ、中央青山監査法人を筆頭とした大手監査法人の現状にも舌鋒鋭く迫る。

2007年2月、みすず監査法人(旧中央青山監査法人)の解散が発表された。日興コーディアルグループが、粉飾決算に関連して証券取引等監視委員会から史上最大の5億円の課徴金処分を勧告され、特別調査委員会が監査を担当した旧中央青山監査法人が事件に組織的に加担していたと報告書で明らかにしたことがきっかけとなった。

日興コーディアルグループの「粉飾」を最初に暴いたのは誰か。それは、本書の著者、細野祐二氏である。氏は前著『公認会計士vs特捜検察』で詳述したように、キャッツ事件に絡み、粉飾容疑の共犯として逮捕、拘留され、一、二審敗訴後、最高裁に上告中の身である。

自身が会計士のプライドを賭して「粉飾ではない」と裁判で論証しても、「国策捜査」の壁は極めて厚いのが現実である。そこで、会計学の研究の一環として「粉飾」の研究に取り組んだ。その最初のターゲットとなったのが、日興コーディアルグループの決算だった。2005年12月、会員向けレポートに発表した「疑惑の特別目的会社」は、その後、メディアに大きく取り上げられ、国会質問にまで至り、ついには4大監査法人の一角であるみすず監査法人の解散に至った。

英米ではフォレンジックと呼ばれる公認会計士の専門業務がある。法廷での会計学である。本書のタイトルには、著者がわが国初の法廷会計学を駆使して真実を明らかにしたとの自負が込められている。
内容(「BOOK」データベースより)
真実は、必ず数字に現れる!JAL、日興コーディアル、NOVAなどの財務諸表を「会計仕置き人」が読み解いた結論とは―。日興コーディアル事件の引き金となった衝撃論文を収録。


有価証券報告書から読み解いた各社の粉飾の手口が詳しく・わかりやすく説明されている。会計の世界の話なのに、うまい探偵小説のように登場人物の息づかいが聞こえてきそうな本であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/17

Amazon.co.jp: ザ・クリスタルボール: エリヤフ・ゴールドラット, 岸良裕司, 三本木亮: 本

リンク: Amazon.co.jp: ザ・クリスタルボール: エリヤフ・ゴールドラット, 岸良裕司, 三本木亮: 本.

<ストーリー> 売上げ不振に悩む店長のポール。ついに地域のチェーン10店舗のうち、利益率で8位にまでランクを下げてしまった。売れ残るリスクを抱えてまで在庫を持つべきか、それとも売上げが落ちるリスクがあっても在庫を減らすべきか――いつも、このジレンマが彼を悩ませている。儲からないのも無理はない。客が何を買うのか、どんな商品を用意して置いたらいいのか。それを教えてくれる魔法のクリスタルボール(水晶玉)があったら、どんなに助かることだろう。 そんなさなか、ショッピングモールの水道管が破裂。モールの地下倉庫は水浸しになり使えなくなってしまった。わずか20日分の商品だけを残し、残りの在庫はすべて地域倉庫に戻さざるを得なくなった。たったそれだけの在庫で、はたして店舗は続けていけるのか。

1月17日 読了

  • 基準在庫を設定
  • その日売れた分だけ発注する
  • 在庫が基準在庫の1/3を下回ることが1週間続けば、基準在庫を上方修正する
  • 在庫は、販売予測のぶれの少ない上流に厚くもたせ、ぶれの大きい店舗にはあまりも足せない。
が肝だろうか。

Amazonのコメントを読んでいると、問屋がある日本では何も目新しいことでもない。といって☆ひとつのコメントがいくつかあるが、うまくいっていない流通もある(というかほとんどがそう)のだから、日本でも充分価値のある話であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

Amazon.co.jp: 減らす技術 The Power of LESS: レオ・バボータ: 本

リンク: Amazon.co.jp: 減らす技術 The Power of LESS: レオ・バボータ: 本.

15日読了
会社のメールボックスの受信箱の空に取り組むことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

鳩山由紀夫と鳩山家四代

鳩山由紀夫と鳩山家四代 (中公新書ラクレ) (新書)

1月4日読了

内容(「BOOK」データベースより)
政治家・鳩山由紀夫と、由紀夫・邦夫の兄弟へと至る、近現代史のなかの鳩山家四代を描出。人物像や人脈、閨閥などを明らかにし、秘話や証言も交えて活写した書き下ろし作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »