« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/27

会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1): 岩井 克人: 本

2月22日読了

会社(法人)のモノ性とヒト性があることを説明し、これまでに日本企業が特殊な存在ではなく、法人の一つの形態であることを説明。

「会社は株主だけの存在か」というのは、誤りだとは思うが、「会社は誰の"モノ"」かというと株主のモノでまちがいないと、私はこの本を読んで思いを強くした。

この本の中で非常に興味を引いたのは、234ページの「差異性から利潤を生み出す」という原理が太古の歴史から変わりなく、今後も変わらないということです。

リンク: Amazon.co.jp: 会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1): 岩井 克人: 本.

内容紹介

この危機[注=サブ・プライム・ローンに始まる世界的金融危機]が、まさにアメリカ経済を震源地としたこと、しかもその発端が株主利益の最大化を唯一の行動原理としてきたアメリカの金融市場におけるバブルとその崩壊によるものであったことは、ITバブルの崩壊やエンロン事件によってすでに大きく揺らいでいたアメリカ型の会社のあり方に対する信頼を、根底からつき崩すものとなりました。会社は株主のものでしかないという株主主権論が理論的な矛盾をはらんでいるという本書の基本命題が、はからずも現実によって実証されてしまったのです。さらに、今回の危機をもたらした住宅市場や金融市場におけるバブルの背後には、全世界的なカネ余り現象(流動性過剰)があったことを、多くの人が指摘しています。それもまさに、ポスト産業資本主義においてはおカネの支配力が相対的に弱まっていくという、本書のもう一つの基本命題の現実化にほかなりません。このグローバル経済危機は、株主主権論的な会社のあり方の凋落をもたらすポスト産業資本主義という舞台の、
まさに劇的な幕開けといえるでしょう。


では、このことは、八〇年代に一世を風靡した日本型の会社がそのまま復活していくことを意味するのでしょうか?

この問いに対する私の答えは、一見すると矛盾しています。それは、日本の会社は、「変わらなくてもよい」が、「変わらなくてはならない」というものです。

(「平凡社ライブラリー版へのまえがき」より)

内容(「BOOK」データベースより)

日本は産業資本主義からポスト産業資本主義への大転換期にさしかかっている。ところが、今の日本の「会社」は、それにうまく対応できていない。日本が21世紀を生き抜くためには、個々の「会社」の仕組みを洗い直し、新しい資本主義にふさわしい形にしていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数学ガール/フェルマーの最終定理: 結城 浩: 本

今回は、ピタゴラスの定理・背理法・互いに素などから、フェルマーの最終定理を導く
体・群・環
あたりからミルカさんに置いて行かれました。群論の負うようである空間群は得意だったのだが。


Amazon.co.jp: 数学ガール/フェルマーの最終定理: 結城 浩: 本
.

内容紹介

「数学史上最大の難問」に挑む待望の第2弾
「僕」たちが追い求めた、整数の《ほんとうの姿》とは? 長い黒髪の天才少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、「僕」が今回も大活躍。新たに女子中学生ユーリが登場し、数学と青春の物語が膨らみます。彼らの淡い恋の行方は?

内容(「BOOK」データベースより)

「僕」たちが追い求めた、整数の“ほんとうの姿”とは?「僕」と三人の少女が織りなす魅惑の数学物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグネシウム文明論 (PHP新書): 矢部 孝, 山路 達也: 本

2月26日 読了
大変夢のある話。
太陽光から直接レーザーを発生させ、そのレーザーによりMgO2から金属Mgを精錬する。
金属Mgを使った空気電池で電気自動車が作れることが紹介されている。
Mg粉末をガソリンスタンドで販売することができるのかは、現在の法律でできるのかは???だが、大きな問題ではない。
問題は、レーザー変換の効率が経済的にペイするところまで行くのかどうかというところだろう。

リンク: Amazon.co.jp: マグネシウム文明論 (PHP新書): 矢部 孝, 山路 達也: 本.

内容紹介

石油は、環境問題も起こすし、残っている埋蔵量も少ない。では、次のエネルギー資源は何か?
太陽光発電が注目されているが、太陽電池で日本のエネルギーをまかなおうとすると、国土の60%を覆う必要がある。
気体で、爆発する危険性の高い水素は扱いづらく、水素社会が実現すれば地下が水素貯蔵タンクだらけになる。
現在の電気自動車の多くはリチウムイオン電池を積んでいるが、これが普及すると、リチウム資源が不足する。
この状況を突破する解こそ「マグネシウム循環社会」である。
海水から淡水を取り出して利用し、残ったものに太陽光からつくったレーザーを当てることでマグネシウムを取り出し、燃料として利用する。
使った後は、またレーザーを当てることで完全にリサイクル。温室効果ガスも出ない。
『タイム』誌で2009年Heroes of the Environmentに選ばれた矢部教授が、二酸化炭素25%削減も実現する新技術を公開する。

内容(「BOOK」データベースより)

石油の次のエネルギー資源は何か?太陽電池で日本のエネルギーを賄おうとすると、国土の六割を覆う必要がある。水素社会なら地下が水素貯蔵タンクだらけ。リチウムイオン電池を載せた電気自動車が普及すると、リチウム資源が不足する。さらに、今の造水法で世界的な水不足に対応するには、世界の電力を五割増やさねばならない。この状況を突破する解こそ「マグネシウム循環社会」である。『タイム』誌で二〇〇九年Heroes of the Environmentに選ばれた、二酸化炭素二五%削減も実現する新技術を公開する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス): 美崎 栄一郎: 本

リンク: Amazon.co.jp: 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス): 美崎 栄一郎: 本.

2月13日読了。
他の自己啓発本にも書かれている内容で目新しいところはないので30分ほどで読んだ。
この手の本は、実際に書かれていることを実行に移せるかどうか、自分の問題なんだよな。

メモノート(Rhodia No.11ニーモシネ A7など)を母艦ノートに貼り付けていくことは実践していこうと思う。



★奥野宣之氏推薦!(『情報は1冊のノートにまとめなさい』)
★藤巻幸夫氏推薦!(株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長))

●仕事はメモする段階で差がついている!

なぜ同じことを経験しているのに、
きちんと身につく人と、そうでない人とで違いが生まれるのでしょうか。
これは頭の良し悪しとも、記録力の良し悪しとも関係がありません。

結果を出せる人と出せない人の違いは、ずばり「ノートの使い方」にあるのです。
学んだことを確実に成果へとつなげるには、
ノートに「経験」を「記録」し、ためていくこと大切です。
たまった経験から問題が見える化したり、改善点も明らかになります。

自分の「学び」は、ネットでは検索できません。
自分固有の経験を積み上げていくには、「ノート」に書く必要があるのです。

●仕事ができる人の「ノートの中身」を公開

経験をためようとしない限り、同じ失敗を繰り返したり、
学んだ気になっているだけで、いつまでたっても
自分の実力にすることができません。

本書では、メモノート、母艦ノート、スケジュールノートを組み合わせた
「3冊ノート術」や、予想・実行・結果の「3段階記録法」、
本当に使える力を伸ばす「追記法・色分け法」、
タスク管理も自由自在な「付箋超活用術」など、
成果につながる実践的なノート術を、読んですぐマネできるように、
多数の写真や図版を掲載しながら紹介します。

会議・企画・時間管理・出張などの「仕事ノート」から、
勉強・読書・セミナーなどの「自己投資ノート」まで、
すぐに使えるハックが満載です。
また、第7章では、ノートと組み合わせて使う30のお勧め文房具も紹介しています。

●スーパーサラリーマンの「ノート術」

著者は、仕事でも数多くのヒット商品の開発に携わり、
プライベートでも毎月150人以上を集める勉強会・交流会を主催し、
テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられる“スーパーサラリーマン”。

何よりアクションにつなげ、結果を出すことにこだわるノート術は、
なかなかマネできないカリスマ経営者のノート術とは違い、
忙しいビジネスパーソンでも今すぐ試せる等身大の内容が特徴です。

仕事の生産性をあげ、作業の効率を高め、アイデア体質に変え、
そして結果を出すことにこだわる、スーパーサラリーマンの「戦略的ノート術」。

内容(「BOOK」データベースより) 仕事ができる人のノートの中身を公開!会議・企画・時間管理・出張などの「仕事ノート」から、勉強・読書・セミナーなどの「自己投資ノート」まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

数学ガール: 結城 浩: 本

リンク: Amazon.co.jp: 数学ガール: 結城 浩: 本.

2月11日読了

母関数とかフィボナッチ数列とか、高校時代には勉強していなかったことなんだけど、なぜか懐かしい思いに駆られます。


内容紹介
心ときめく数学の世界をあなたに。
『プログラマの数学』の結城浩が贈る、魅惑の数学物語。美少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、それに僕。三人の高校生が数学にチャレンジ。数学を楽しみ、学ぶことについて考え、異性へほのかな思いに心を動かす……。オイラー生誕300年記念出版。
内容(「BOOK」データベースより)
「僕」の心をときめかす、数式と二人の少女。オイラー生誕300年に捧ぐ魅惑の数学物語。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

老朽マンションの奇跡: 井形 慶子: 本

2月6日読了。

リンク:

.

内容(「BOOK」データベースより) 「住みたい街No.1」吉祥寺で築35年のメゾネットを500万円で買って「ロンドンフラット」に再生!見棄てられたガラクタ物件をわずかな予算で理想の家に作り替え。不況の今だからこそ叶う住宅取得の裏ワザが炸裂する。あなたの住宅観を変える疾風怒涛のドキュメンタリー。

自社(出版社)のスタジオ兼若手社員のすみかとして、中古マンションを500万円で購入し、200万円のリフォームで理想のロンドンフラットにしたドキュメンタリー。
自分でも出来るかも、と思って、読み始めたが、これまでの経験や人脈、この家に掛ける熱意があってできるたことがわかった。誰でも出来る話ではないが、よい住宅はお金をかければ手に入れることができるものではないことがよくわかった。

P95のこの文章が非常に気になった。この現象は工事関連の業者だけでなく、工場の労働者でも見受けられる現象で、この国を深く蝕む病なのだろう。

「僕が来日した30年前の1970年代、日本人労働者はすべてのジャンルにおいて優秀だった。塗装屋、電気工事士、ガス屋、大工など、作業は丁寧な上、経験豊かでどんな質問にもきちんと答えてくれた。ところが、最近ではどこに頼んでも面倒な仕事は下請けに放り投げ、楽で稼ぎの良い仕事だけを取ろうとする。しかも、蓋を開ければ、「出来ない」のオンパレード (中略)」


この不況下にあっても日本人は仕事を選り好みしているというのが、彼の見解だった。

80年代サッチャー政権下で英国病に蝕まれていた後、金融景気に湧いたイギリスでも同じ現象が起きた。裕福になった人々は、3Kに属するきつい仕事を放棄した。その結果、ギリシャ人、ポーランド人など外国人労働者に仕事が流れていき、気がつけば大英帝国のクラフトマンシップは危うくなった。そればかりか仕事はなくなり、労働者階級の人々が外国人排斥を訴えるも、後の祭り。仕事はかっさらわれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »