« 404 Blog Not Found:中国のない世界 | トップページ | 自分を変えたいときに、まずやるべきこと - My Life in MIT Sloan »

2010/03/27

燃料電池車は水で動くのではない

木村剛氏のゴーログで、水道水で車が走る というエントリーがありました。

木村氏が、ただいま満席!日替わり定食Blog燃料電池の記事を真に受けて、水道水で車が走ると思ったようです。

ただしくは、

太陽のエネルギー -[太陽光発電] → 電気エネルギー -[水の電気分解] → 水素(化学エネルギー) → [自動車に補充] → 自動車の動力

で、今回、太陽光発電から水の電気分解、自動車への補充を行うための家庭用ステーション をホンダが開発している というのが、もとの記事の趣旨。

たぶんもとの新聞記事
燃料電池車の水素、家庭で補充 ホンダが次世代型開発

木村氏は、「車以外にインフラの部分もいるでしょうから」と書いているが、記事にあるとおり、これが実用化すれば、社会インフラが整うのを待たなくても済むのである。(というか、このステーションがインフラそのもの)

米国や日本では、ガソリンスタンドのような大型の水素ステーションの建設が始まっているが、まだ数えるほどしかない。ホンダは、水素供給の社会的なインフラが整う前でも、家庭用ステーションが実用化されれば、燃料電池車の普及を促すことができるとみて開発を進めてきた。


リンク: 週刊!木村剛 powered by ココログ: [ゴーログ]月額84万円:水道水で車が走る?!.

これってすごい技術ですよね。でも見方を変えれば、月額84万円でこの「水道水カー」を利用できるのであれば、宣伝用に買ってみたいと思う企業は出てくるんじゃないでしょうか。年間1000万円で「エコ」を宣伝できるんだったら安いものだという考え方もあるでしょう。  実際は、車以外にインフラの部分もいるでしょうから、コストはもっとかかるのでしょうね。それにしても、ホンダは凄い。


家に置くなら、充分に充電の時間があるから、燃料電池自動車(FCEV)より電気自動車(BEV)向けの方が意味があるのにな。

|

« 404 Blog Not Found:中国のない世界 | トップページ | 自分を変えたいときに、まずやるべきこと - My Life in MIT Sloan »

コメント

でも、水道水は純水と違っていろんな不純物が混ざってるから、電気分解装置の定期的なクリーニングが必要になるでしょう。
それと肝心なのは、水素作るのに必要な電力供給と走行に必要な水素需要とのバランスです。
現実的に間に合わせるには深夜電力で補てんでもしないと間に合いそうもないですよね?

水差してさーせんw

投稿: 西瓜 | 2010/04/04 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4666/47923385

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池車は水で動くのではない:

» 危険物取扱者の最短合格法から危険物取扱者にまつわるお役立ち情報サイトです。 [危険物取扱者の最短合格法から危険物取扱者にまつわるお役立ち情報サイトです。]
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます!^^実はこの度、『危険物取扱者の最短合格法から危険物取扱者にまつわるお役立ち情報サイトです。』というサイトを立ち上げましたのでトラックバックをさせて頂きました。m(_ _)m 手前味噌で大変恐縮ですが非常に有益な情報をご提供できると思っておりますのでぜひ訪問いただければと思います。万が一不要な場合はお手数ですが削除ください。これからも応援させ�... [続きを読む]

受信: 2010/04/17 14:43

« 404 Blog Not Found:中国のない世界 | トップページ | 自分を変えたいときに、まずやるべきこと - My Life in MIT Sloan »